Admin New entry Up load All archives

なんでも勘が大切

マウスを投げて破壊することに定評があるAmaneHeartのBlogです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

僕らは階段をあがっていく 

朝おきて目の前がくらくらしている
立花六桜もとい健太郎です

僕らは人生という名の階段を
常にあがっています

この地球に人間として生まれて
おぎゃーと産声をあげて

そして1段目をのぼります

言葉もしくは歩けるようになって

また1段

だんだんなにごともできるようになっていきます

階段をのぼっていくのには
いろんな人のささえが必要です

その人たちも
支えが必要なので
助け合ってのぼっていきます

それが人生
それが階段
つまり人生=階段

と考えるのもありでしょう

階段には分かれ道があります

たとえば小学校に入って
「こいつ、うざいからみんなでいじめようぜ」
と、だれかがいったとしましょう
中学校に入って
「たばこすってみないか? きっとおいしいぜ」
と、だれかがいったとしましょう

それが分かれ道
そしてまちがった道には
おおきな崖があります

それこそが堕落

だいたいたいていの人間は
崖があれば
まわりみちをするでしょう
けれど
みなさんのまわりにいるような
不良
ヤンキーですね

そのひとたちは
まわりみちがだるく
そのまままっすぐいって
おちていったひとたちです

けれど
そのひとたちにも
わけがあります

わけがなければ
崖からおちようなんて
おもいません・・・・・

僕はいまたぶん予想ですが
まだ10分の1にも到達していないでしょう
自立
これをすればきっとおおきく
階段を何段もとばして
あがれるでしょうが
僕には怖くて出来ません

ここで途中ですが
なにをかいていいやら
わからなくなりました

きっとボクが
まだまだその話を語るのは
はやいからです

これから階段をのぼっていき

もうのぼることがないときに

このはなしをできたらいいですね

きっと

そのときにはこのブログは

ないことでしょうに

では乙

category: 未分類

CM: 1 TB: 0   

コメント

ぼくが深い話をしてあげよう。

崖から落ちるのか、
落ちないのか、
それは決まってないんだ。

飛び越せるかもしれない、
橋を作れるかもしれない。

その場その場で頑張れるか。
だと思うな。
道はあるよ、どんな人にも。

深かったろ。わら

ごるぴ #- | URL | 2008/12/23 16:30 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kentaro925.blog59.fc2.com/tb.php/69-b1f35e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。