Admin New entry Up load All archives

なんでも勘が大切

マウスを投げて破壊することに定評があるAmaneHeartのBlogです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

拡散性ミリオンアーサー 

MillionArthur_Logo-1024x672.jpg
                                                   画像はファミ通さんからお借りしました

久しぶりにゲームレビューでもしてみようかなと。

今回はpcゲームではなくスマホのゲームアプリです

実は先月iphoneを購入したので面白いアプリなどを探索していた所

知り合いに紹介されたゲームアプリ「拡散性ミリオンアーサー」が妙にハマってしまい

せっかくハマったのなら他の人に面白さをわかりやすいようにレビューしてみようと思い

今に至るわけです


さてさてこの拡散性ミリオンアーサーとはどんなゲームなのか

そこから説明して行きましょう。


近年急激に普及してきたスマートフォン

誰でも簡単に持つことができ、尚且つ高速かつ快適にインターネットや無料で楽しめるアプリなどが

できるようになったお陰で、家にいなくても手軽に言い方は悪いけど時間を潰せる

また暇を潰せるようになりました。

上記にかいてあるアプリというのは正式にはアプリケーションソフトウェアと名称になります。

スマートフォンの普及とともに瞬く間に広まった様々なアプリ。

料理、計算、お絵かき、ゲーム、カーナビ、ネタアプリ使い方は様々です。

その中でもやはりゲームアプリと言うのはゲーマーからして

必ず目をつけて置かなければいけない部分。

そのゲームアプリもまた種類が豊富です。

RPG、MMO、シューティング、TPS、FPS、ジャンルも様々。

その沢山のアプリの中で今回レビューする「拡散性ミリオンアーサー」とはどのようなゲームなのか

話が脱線してしまいましたがここから触れて行きたいと思います。


拡散性ミリオンアーサー

100万人のアーサー王が、
       100万本のエクスカリバーを抜くとき、
                        真の王の物語が始まる。


という謳い文句で宣伝しているようです。

このゲームは単純な話グリーやモバゲーでたくさんあるような

あるいはpcでノベルゲーム初心者が一番最初に愚痴をこぼすときに言うような言葉で言えば

単なるクリックゲーなんです。

ですがなぜそんな単純なゲームが登録者数100万人を越えるトップクラスのゲームになったのか

その理由をまだ初めて間もない僕がハマってしまった理由と絡めて書いて行きたいと思います。


まずはゲーム性。

このゲームは簡単な話カードゲームのようなものです。

デッキを作り他プレイヤーや強敵と戦っていくようなゲームになります。

カードには属性(派閥)、Lv、HP、ATK(攻撃力)、COSTがあり。

属性と言うのはwiki等に書いてありますのでそちらを御覧ください

Lvが上がればHPやATKがアップしていきカードが強化されていきます。

COSTと言うのは先ほど書いたとおりデッキと言うものを作らなければなりません。

プレイヤーにはBC (BATTLE COST)と言うのが定められており

このCOST範囲内でデッキを作らなければなりません。

このBCという物の他にAP (ACTION POINT)と言うのが定められています

このAPと言うのはダンジョン等で進むために必要なポイントになります

簡単に言えばMMO等によくある制度の疲労度にあたります

BC、AP共にプレイヤーのレベルが上がっていくことで上げることが可能です。

話を戻していきますが

ではここでこの拡散性ミリオンアーサーで面白い点を一つ

■繋がる多種類のコンボ■

このゲームでのコンボというのは

バトル開始時に得られる戦闘支援効果のことになります

条件を満たしたカードの組み合わせがデッキに存在していると、それに対応したコンボが発生すると言うものです

このコンボがまた深いもので

単なるカードゲームではなく他種類のコンボを使い自分だけのデッキを作っていくところに

楽しみが生まれます。

他にはカード特有のスキルなども存在しています。


次にデザイン性。

ここでまたもや拡散性ミリオンアーサーの面白い点を一つ

■魅力的なキャラクターが豊富■

224.jpg
fio-300x450.jpg
cap_09-300x420.jpg

どうですか?このようなカードはほんの一部分です。

現在では色々なゲームやアニメとのタイアップもありカードの種類も増えてきているようです

まだまだ増えていくキャラクター達。

これから先どんなキャラクターが増えていくのかプレイヤーとしては楽しみなところです。


他には皆で戦う騎士団システム、まるでノベルゲームのような内容のストーリー。

またキャラクターに関するサブストーリー、合成してカードを強化するシステム、進化合成、

限界突破合成 etc...


言い出したらキリがない楽しめるシステムが盛り沢山となっています。

僕が一番拡散性ミリオンアーサーで良いなと思ったシステムがひとつ。

■無課金でも課金アイテムが手に入ります■

これが一番オススメしたい点ですね。

例えば強力なカードを手に入れることが出来るガチャ。

このガチャチケットなんと1枚300円もします・・・。

初回に限り100円らしいですが・・・。

そのガチャチケットがなんとログインイベント、他にはストーリーを攻略することで入手可能です

他にもイベントで様々なチケットが出ることがあるようですがそれも無課金で手に入るようです。


多種類のカード、コンボが存在し、魅力的なキャラクターが豊富。

そして無課金でも楽しくやっていける拡散性ミリオンアーサー・・・ということで

今回レビューを書いて来ましたがこの拡散性ミリオンアーサーにもやはり微妙な点が存在します

僕は運営にこのゲームを持ち上げて良いように見せろ等と指示されているわけでもなく

一般的なプレイヤーの視点から見てレビューを書いているので

このレビューを見た人が出来るだけこのゲームの内容を知ってもらうように努力して書いています。

なので良い点悪い点をひっくるめてここに書いて行きたいと思います。

上記は良い点にあたります、下記からは言い方が悪いですが悪い点を書いて行きたいなと。

実はこの拡散性ミリオンアーサー僕がプレイする少し前から人口が減っていっているようです。

理由は色々ありますがまずは騎士団システム。

上記では良いように書いていますが実は少し悪いシステムらしいです。

と、言うのがどこかのレビューサイトにもありましたが

古参勢からするとこの騎士団システムと言うのはかなり厄介なシステムなようです

新参、つまり新規プレイヤーが余計な事をすることで古参が損をするようなシステムになったようです

そのため2chでは新規プレイヤーには極力必要最低限の事以外するなといっているようです。

その件については実際に2chを御覧ください

そして数々のクソ運営事件。

ま、これについても人それぞれ思うことがあると思いますのでここでは触れません。

正直クソネクソンよりはマシな運営だとおもう

あとは確率提示の無いガチャシステム。

正直これについては他のゲームもなんとも言えないのでここでは避けておきます。

他にもあるようですが個人的には総合評価すると面白いゲームの部類に当たるので

あまり悪い点には触れたくないのが本音です。

それよりもっとプレイヤー数を増やしてプレイヤーが楽しめるようなシステムの実装をしていくことで

ゲームを盛り上げていって欲しいと思います。

オンラインゲームと言うのは人口がいないと成り立たないゲームです。

それはどのオンラインゲームにも言えることです。

人それぞれ価値観が違いますので運営がすることに対して良い悪い等の評価もたくさん出てくると思います

ですがそれをけなすだけけなして辞めていきそのけなした評価をみて新参が少なくなっていくという件は

納得出来ません。

拡散性ミリオンアーサー レビュー と検索かけることで星の数ほどのレビューがでてきますし

iphoneの人はitunesを見るとレビューも見れます。

ですがそこに書いてあることを全て信じないで下さい。

pcゲームと違ってダウンロードも速いですし、気に入らなければ消すのも簡単です。

一度やってみて「あ、クソゲーだわ」と思うならばきっとゲーム性が合わないのでしょう

僕個人からすればオススメのゲームなので是非やってみて下さい。

あ、ちなみに周りに拡散性ミリオンアーサーをやっている人がいなくて

やってみたいなと思った人は招待コードをどうぞ

34287b  です。

最初色々と登録するときに記入する欄があるので

良ければ打ってみて下さい。

特をする内容にはなっていますので是非どうぞ。


では最後は宣伝のようにはなってしまいましたが

ゲームアプリ 「拡散性ミリオンアーサー」 のレビューをこれで終わりたいと思います

お疲れ様でした(*´∀`*)
スポンサーサイト

category: レビュー

CM: 3 TB: 0   

MMORPG『TERA :The Exiled Realm of Arborea』 

-- 続きを読む --

category: レビュー

CM: 0 TB: 0   

「聲(こえ)の形」 

2月20日発売の週刊少年マガジン12号にすごい漫画が読み切りで出たと

色々なまとめサイトで書いていたので教習所の帰りに立ち読みして来ました。

「聲(こえ)の形」って言う漫画ですね。



なんというか最近のいじめ事情をよくわかっている人が描いた漫画だったと思います。

例えばなんですが

とある学校でAという人がいるとしましょう。

Bと言う人は学校のクラスの中でリーダーに近い存在です。

BはAの事が嫌いです。

BがAの事をいじめはじめました。

するとBの側近というより友達のCがそれに乗っかっていじめはじめました。

Cの人に「Aの事が嫌いですか?好きですか?」と質問すると

「どちらでもない」そう回答するでしょう。

今度はCの親友DがDの友達のEが。

と、まるで病気やウイルスのようにドンドンクラス内でいじめが広がっていきます。

AにBの事を尋ねると「嫌いと答え」いじめている7~8割の人にBの事を尋ねると「どちらでもない」

そう回答するでしょう。

「ただ、反応が面白かったから」「いじめないとじぶんがいじめられるから」

最近のいじめ事情に対し社会の大人たちは

「とめにはいりなさい」無理でしょう。確実に。

例えばですがその大人はきっと仕事をしているでしょう。

仕事をするには会社にいかなければなりません。

学校というグループから会社というグループに仮定を変えましょう。

Aというヒラ社員がいたとします。

Bという社長はAの事が嫌いです。

Bの社長はAのヒラ社員をいじり始めました。

さて、周りの人はとめにはいれますか?

社長は自営業の社長で簡単に社員をクビにする鬼畜社長だとしましょう。

ヒラ社員のあなた達は止めに入れますか?

まず無理でしょう。

この違いです。

ただ会社というランク付けから学校というグループのランクに落ちただけで

「グループ」という仮定は代わりません。

仮にいじめられているところにヒーロー気取りでとめに入った所で

逆にいじめられ始めるでしょう。

いじめはきっとこれから先人間という生物の性格というか脳が進化しない限り

なくならないと思います。

正直な話今回の「聲(こえ)の形」のような漫画がなぜ今まで出なかったのか。

例えば小学校のときにやった心のノートをつかった道徳の時間。

あれは意味があったのか?おそらくないでしょう。

だってあの時の小学生たちが成長し、中学生、高校生になって最近起きている事件は

すべて彼らのものなんですから。

自殺しないと大きな事件にならない。

知られないまま、楽しいはずの青春時代を泥沼の中で過ごす。

こんなのありえないと思います。

すべての人間に人権ってものがあるんですから。

話しをすこし戻すと、心のノートとか道徳の授業とかに使ってる予算を使って

小、中、高生が読むような「コロコロコミック」「週刊少年ジャンプ」「サンデー」「マガジン」

他にもたくさん有りますが

そのような漫画雑誌に「いじめ」という題材で書いている、連載している漫画の出版社と作者に

援助金みたいな物を与えて出来るだけ続けさせるような政策なんかとっても

面白いと思うんですけどね。

漫画って唯一の「傍観者」になれるとおもうんですよ。

例えばいじめの現場を目撃して「見て見ぬふりをする」これはもう立派ないじめ加担者です

いじめの現場に傍観者は許されません。

でも漫画ならいくら傍観してもかまいません。

その漫画のいじめられている人の感情や心情を描くことによって

漫画を見ている人たち、その中には実際にいじめを行なっている人もいるでしょう。

その人達の良心を揺さぶることで少しは違う結果がみえてくるのでは?

実際今回の「聲(こえ)の形」は賛否含め大反響を呼んだわけですし

それだけ「いじめ」と言うのはタイムリーな話題なんだと思います。

まあ、そんな政策考える政治家なんてこの日本にだれもいないでしょうけど。

自分の資産のことばっかりしか考えてませんよね。

アレだけニュースで報道されてても実際に見ている人でさえ

「また死んだのか」そればかりかきっと一部の人は

「気持ちが弱かったんだな」そう思う人もいると思います。

実際にいじめにあった人って言うのは少ないと思います。

加担した人は多いと思いますが。

クラス40人中いじめられるのは数人でしょう。

そのいじめられた人の数人の人たちは

自分たちがどんな目にあったか。忘れてはいけません。

これから先少なからずいじめ事情は変わってくると思います。

その時どう発言するか。それがこれから先いじめが無くなるか無くならないか

重大な発言になるかもしれません。

まあ、話がだんだん膨れ上がっていってましたが

とりあえず「聲(こえ)の形」。

まだ時間はあります。暇な時是非みてはいかがでしょう。

かなりリアリティー溢れる感動する漫画となっております。

では今日はこのへんで。

category: レビュー

CM: 0 TB: 0   

グランドファンタジアレビュー 

bandicam 2012-09-17 19-00-12-697

今日はMMORPGグランドファンタジアのレビューを書いてみようかなと

グランドファンタジアとは

OnlineGameAward2009で2冠受賞、2009年最高の新作オンラインゲームに選ばれた、AeriaGamesが贈る安心・安全の無料オンラインファンタジーRPG

です。

とりあえず前置きはおいておいて早速レビューを

ゲームジャンルは3DMMORPGです。

グラフィックについては上の画像と検索をかければいつでも出てきます。

まずグランドファンタジアの良い所は

・初心者でも簡単に操作ができゲームシステムがまとまっている

・武器、防具、アバター等でキャラクターの見た目が大きく変わる

・課金をすることによって簡単にお金持ちになれる

・武器や防具に「宝玉」をつけることによりオーラやエフェクトが出る

・ソロでもやっていける(職業による)

・バランスのとれた職業

・露天はなく、オークションといった形で誰でも簡単にアイテムを売ることができ
 NPCの前で放置などをしなくても出していたら勝手に売れているので、売買に時間がかからない。

・ライド(乗り物)がかなりかっこいい

・色々なところでPVPができる

たくさん書きましたがこんなかんじでしょう

まず初心者でも簡単に操作できるっていうのは

移動はWADSで移動できます。カメラ視点はマウスで。

本当に簡単に操作できるので初めて5分で自由に動けるようになると思います。


次の武器、防具、アバター等でっていうのは

他のMMOにもあるシステムですが。種類が多く特にアバターについては無期限も多いです。

見た目の変化により「飽き」を減少させることができるので

長く続けれる理由の一つになると思います。


次の課金によってお金持ちというのは

例えなのですが課金をして魔法の錬金粘土というアイテムを買ってみましょう。

一つ400G前後でオークションに出すとすぐに売れちゃいます。

初めてすぐの方でも400Gという大金が手に入るわけです。

ちなみにグランドファンタジアのGという単位は

MMOによっても違いますが1Gが1Mくらいじゃないですかね?

まあ、MMOによってかなり違いますが・・・・


次の武器や防具に「宝玉」をつけることによりオーラやエフェクトが出るというのは

これも見た目の変化が大きいので、飽きを減少させると思います。


次のソロでもやっていける(職業による)と言うのは

バランスのとれた職業 にも関係してきますが

回復職、でなければソロでもフィールドボスを倒せちゃいます。

回復職も相手が格下のフィールドボスであれば倒せちゃいます。

ちなみにボスと言うのは2種類あり、フィールドボスとワールドボスです。(ダンジョンボスもかな?)

フィールドボスは比較的少し弱く設定されてます。

ワールドボスは数人で戦うように設定されてます。

とりあえずバランスの良い職業。そしてソロでもやっていけるというのは

なれない初心者の方でも楽しくやっていけるんじゃないんでしょうか。


露天はなく、オークションといった形で誰でも簡単にアイテムを売ることができ

NPCの前で放置などをしなくても出していたら勝手に売れているので、売買に時間がかからない。

というのは。

MMOでのプレイヤー同士の売買はトレード又は露天等があります。

トレードは時間がかかりますが買い相手や売り相手が限定されてしまうので

身内同士での売買などでは良いかもしれません。

不特定多数の人に売る場合、露天というシステムがMMOには多数存在します。

基本は露天を開いている間その場所にいないといけないので

狩りの時間が少なくなってしまうわけです。

それに露天を開ける場所が限定されている場合、たくさんのプレイヤーが放置するので

サーバーが重くなってしまい、低回線や低スペックのプレイヤーにとっては露天を出すことすら

ままならない、という状況に陥ってしまいます。

グランドファンタジアはオークションというシステムで

まず専用のNPCに話しかけ→アイテムの値段を決めて→手数料を確認して→販売開始

という流れで、とてもスムーズだし。

放置をしなくてよいのでサーバーの負担にもなりません。

買う場合も露天の場合歩いて「1番の露天・・・欲しい物がない・・・」「二番の露天・・・」と

歩き回らないといけない場合が多いのですが

グランドファンタジアではNPCに話しかけ

検索欄にほしいものの名前をいれて検索をかけるだけ。

あっというまに見つかります。

このオークションシステムは他のゲームにも実装して欲しいとおもいますね。


最後の乗り物がかっこいいっていうのは。

グランドファンタジアの乗り物は種類が豊富です。

スライムに乗ったりドラゴン、馬、鳥、狼、狐、トナカイ?等。

色々な乗り物があり見た目もたくさんあります。

グランドファンタジアにログインしたらまず目を奪われるのがたくさんの乗り物。

最初空飛ぶ龍を見たときは驚きました・・・。

そんな感じで豊富な乗り物。とても良いと思います。


最後のPVPですが。

街のど真ん中でもできます。

まるでソードアートオン・・・みたいですね。

ただPVPに限ってはやっぱり職業の差が出てしまいます。

スタンを100%かけれる職業や攻撃力が高い職業や属性攻撃をしてくる職業や自己回復をする職業。

でもそれぞれの職業に対して対策がねれるので楽しいとおもいます。



次は悪い点なんですが。

まず課金ですね。

無課金だとかなり寂しい思いをします。

街を歩いていると同レベルの課金者がピッカピカの防具をつけてたりします。

課金をすればお金持ちになれる=しなければ貧乏。と言う形です。

普通にゲームをプレイするのにはクエストの報酬等でお金は十分足りますが

アバターやライド、宝玉の取り付け等をしようと思うとどうしてもお金がかかります。

見た目もこだわりたい、武器の性能を極限まで上げたいって方は迷わず課金したほうが良いと思います。

とはいってもMMOはどのゲームも課金をすることによって強くなるというのは当たり前なんですけどね。


次は戦闘のモーションです。

他のMMOに比べると少し貧相な感じがします。

別に悪いことではないんですけどね。

貧相な分サーバーには負担はかかりにくいでしょうし。

ただ、もう少し大きなエフェクトやモーションがあっても良いかなとおもいます。


次は過疎です。

これはどうしようもありません。

グランドファンタジアは斬新なシステムがあまり存在しないです。

最近のMMOは他にはない斬新なシステムの強化を心がけているのか

似たり寄ったりのMMOは少ない気がします。それが当然なんでしょうけど。

少し前のゲームなのでシステムはまとまってはいるのですが

斬新なゲームシステムを好む方はあまりハマらないかもしれません。

グラフィックもしかりです。

僕はバランスのとれたゲームシステムだと思うし、グラフィックもまあまあ良いと思うんですが。


そんなところです。

いかがでしたでしょうか。

一番の問題は若干の過疎。これですね。

これ以外はとてもまとまったシステムで、コーデもかなり幅広いと思います。

一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

僕もやっているのでもしやる方がいましたら一緒にやってみましょう!

これでグランドファンタジアのレビューを終わります。

category: レビュー

CM: 3 TB: 0   

ShadowCompany 

本日7/20 15:00からCBTが始まったNexonの新FPS ShadowCompany をプレイしてみました

まずグラフィックですが

名称未設定-1

グラフィックについては噂通りの高グラフィックでした

光による銃の輝きも忠実に再現されています


次にゲームシステムですが

動きは遅め、と言うより重め。という方がいいでしょうか(デフォ)

OP7と言うオンラインFPSがありますがそれに類似したような動きです。


上記にも関連してくるかもしれませんがスキルシステムが導入されています

Codであるようなクイックリロードのようなシステムや、銃撃の性能アップのスキルもあります

スキルについてはcodと類似していますが無料オンラインFPSとしてはあまり見かけないので

このへんは良いと思います。

武器性能は現段階では初期武器でも十分戦えます

しかしSRについては結構厳しいと思います。

ショップで売っているSRを使ったことが無いのでわかりませんが、初期武器のスナイパーは

一発撃ったあとのリロード時間がかなり長いです。

SRゲーにならないための工夫かもしれませんが、SRをFPSでよく使っている人は

厳しいかもしれません。

話がバラバラになるんですがハンドガンについてですが

現在ベレッタのようなものとミニショットガンが初期武器として使えますが

ベレッタの性能の悪さは半端ないです

使うならミニショットガン、と言うよりサブ武器はあまりおすすめしません。

あとゲームの仕様として

走りジャンプをしたあと武器が一定時間使えません。

感覚ですが2~3秒程度でしょうか。

走りジャンプ後の撃ち合いができないのでその辺考えて動く必要があるかもしれません。

現段階ではあまりレベルの高いプレイをしている人がいないので

初心者でも安心して始められるゲームだと思います。

なぜこの話題を出したかというと・・・

SF2は始まった当初からかなりレベルの高いプレイヤーがゴロゴロいたので・・・

そんな感じです。

残りのSSをペタリして終わりたいと思います


名称未設定-2

名称未設定-4

ScreenShot00020.jpg

category: レビュー

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。